京都府にてWiMAX2でのエリア&スピード状況をレポートします

本記事は2015年12月時点でのWiMAX2の京都のエリア状況となります。

WiMAX2は日々新しい基地局が増設されエリアも拡大し、スピードも早くなって居ます。

またWiMAX2を利用する人が増加すればスピードが遅くなる事もあるでしょう。

しかしご自身がよく使う地域でどれぐらいスピードが出るのか、あるいは出ないのかは契約するときの1つの参考になります。

今日は京都府内での状況をレポートしていきます。

使用機器

使用した機器は外での使用を想定してスマートフォン(ASUS Zenfone)です。
またWiMAXルーターはNad11を使っています。

スマートフォンとNad11を無線で接続して、RBBスピードテストアプリを各ポイントにて3回ずつ計測を実施しています。

それと同時に、MVNO(格安SIMのドコモエリアLTE)での計測も実施しました。

京都府でのWiMAX2結果を比較

まず、エリアをご紹介していきます。

kyoto201512

このようなエリアで計測しました。

結果は以下のとおりです。

格安SIM WiMAX2
エリア1 0.27 19.15
エリア2 0.38 12.08
エリア3 0.34 21.52
エリア4 0.37 圏外
エリア5 0.37 8.42
エリア6 0.31 14.82
エリア7 0.38 27.19
エリア8 0.29 13.46

このような結果となりました。記載している数値は3回計測の平均値です。
単位はいつものようにMbpsです。

さすがに格安SIMよりはWiMAX2の方がスピードが早いです。しかし山中ではエリア圏外となる事があります。

また公式が発表しているスピードはもっと早い速度が出ていると気づく人も居るかもしれませんので、注釈を。

UQ WiMAXの公式ページで発表されているスピードはパソコンとWiMAX2をUSBケーブル(有線)で繋いで計測しているデータです。
パソコンとスマホではスペックも違いますし、無線より有線のほうが電波の干渉を受けにくく速いのです。

◆まとめ
スマホを持ち歩いて使われる方はWiMAX2ルータも持ち歩いて接続して使うことで速いスピードで使うことができます。

概ね20Mbpsは出るのでストレス無くネットもLINEも出来るでしょう。

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ