新東名でWiMAXのエリアとスピードを調べました

以前、東名高速道路にあるSA等でWiMAXのエリアと速度を調べたコトはありましたけど、今回は新東名です。

新東名といえば山の中を走る高速道路なのでエリアは厳しいと予想します。けど栄えてる街も多いので調査のしがいはあるのではないでしょうか。

調査端末としてはWiMAX2機器+スマートフォンによるWiFi接続です。基本的に市街地でのエリア計測です。あきらかに山の中でWiMAXの電波が立たない所では計測していません。

海老名SA

ダウンロード速度 5.32Mbps
アップロード速度 0.27Mbps

清水市

ダウンロード速度 19.23Mbps
アップロード速度 6.76Mbps

富士市

ダウンロード速度 29.29Mbps
アップロード速度 3.26Mbps

島田市

ダウンロード速度 3.99Mbps
アップロード速度 1.83Mbps

遠州森町PA

ダウンロード速度 20.90Mbps
アップロード速度 2.98Mbps

浜松市

ダウンロード速度 10.97Mbps
アップロード速度 0.86Mbps

浜松SA

ダウンロード速度 9.42Mbps
アップロード速度 0.36Mbps

三ヶ日

ダウンロード速度 20.72Mbps
アップロード速度 2.55Mbps

豊川IC

ダウンロード速度 7.35Mbps
アップロード速度 0.91Mbps

1つの目安として

ここで計測したデータは必ずしも標準的ではないかもしれません。

測るタイミングが違えば速度が変わることはしょっちゅうあります。同じ時間帯に同じ基地局に接続しているユーザーが多ければ1人あたりの速度は落ちてしまいます。

またやむなく車での走行中に計測したケースもあることを事前にご了承ください。
(1箇所で数回の測定を行うコトが望ましいわけですが状況的に難しい場合もあるということになります)

これらの地域でWiMAX2を契約しよう、利用しようと考えている方の参考になれば幸いです。

WiMAX2は以前は110Mbpsから始まり、今では下り440Mbpsの速度が出るコトもあります。端末が違えば速度もかわりますし、440Mbpsは理論値上の最大であって必ずこの数値が出るわけではありません。

早いところで実感として80Mbps出れば良い方かなと思います。

 

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ