WiMAXの料金支払いを銀行引き落としにしたい場合

WiMAXの支払い方法はクレジットカード払いが一般的なものとなっています。 中にはクレジットカード払いにしか対応していないプロバイダーもあり、クレジットカードを持っていない人は利用できないこともあります。 では、クレジットカード払いではなく、毎月の利用料を銀行引き落としで支払うことができるプロバイダーはどこなのでしょうか?

銀行引き落とし、つまり口座振替に対応しているプロバイダーは、 ビッグローブUQコミュニケーションズGMOとくとくbb@niftySo-netBroadWiMAX、 の6つのプロバイダーとなっています。 もしクレジットカードを持っていない状態でWiMAXを利用するのであればこれらのプロバイダーを選択するようにしましょう。

申込の方法ですが、So-net以外はwebサイトから申し込むことが可能になっています。 So-netだけは電話での申込という形になっていますので注意してください。 また、@nifty、BIGLOBEの2社は未成年の申込は電話での申込となっています。

申込から実際に利用を開始するまでの期間は、各プロバイダーでそれぞれ違いますが2日から2週間程度かかります。 利用を開始するまでにある程度の時間がかかってしまう、これが口座振替の最大のデメリットとなってしまうと言えるでしょう。 さらに、口座振替ということで振替手数料が必要になってしまう場合もあり、クレジットカード払いと比較してわずかではあるものの料金が割高になってしまうと言えます。 違いとしてはこのような点だけで、WiMAXのサービス内容そのものに何か変化があるというわけではないので安心です。

どのプロバイダーも口座振替だけではなく、クレジットカードでの支払いにも対応していますので今はクレジットカードを持っていないとしても今後クレジットカードを所有することになった時にはクレジットカード払いに変更するということも可能です。 もちろん、そのまま口座振替での支払いを継続してもかまいません。

※2017年5月1日調査

このページの先頭へ