他社プロバイダとの比較で見たWiMAX2 ヤマダ電機

やはり家電量販店の強みといえば実際に店舗で話が聞ける、機器を手にとって触れるという点ではないでしょうか。キャンペーンやキャッシュバックに関しては他のインターネット事業者で契約したほうがかなりお得な場合もあるので TOPページのキャンペーン比較で検討したほうが良いです。WiMAX2についてよくわからない初心者のかたは店舗に足を運ばれる事をおすすめします!

ヤマダ電機でもWiMAX2+が開始!

WiMAX2+が2013年10月から始まりました。ヤマダ電気でも従来のWiMAXとあわせてWiMAX2+も契約が可能です。現地調査をしたところ受信エリア外の店舗ではあまり積極的な販売をしていない印象ですが。。ここではWiMAXとWiMAX2+について、ヤマダで契約した場合の比較をまとめています。

WiMAX2+ WiMAX
WiMAX機器代 1円 1円
初期手数料 3000円 3000円
月額料金 3696円 3696円
契約期間 2年しばり 1年しばり
期間内解約金 12ヶ月間は19,000円
13ヶ月目~24ヶ月目は14,000円
1年目9500円
2年目以降5000円
キャッシュバック 無し 無し
キャンペーン 無し 無し

従来のWiMAX、ヤマダ電機の特徴・メリットとは

ヤマダ電機といえば大手の家電量販店ですが、WiMAX2と同時に従来のWiMAXのサービス提供も行っています。 WiMAX2では現時点では料金プランは1種類しかありませんが、WiMAX1のほうは複数のプランが選べます。年間パスポートとも呼ばれているヤマダフラットなら月額利用料は3,696円で、長期間WiMAXの利用を継続する予定があるのであればこちらのプランが最適です。 通常のヤマダフラットの場合は月額利用料が4,267円と年間パスポートよりも高くなってしまいますが、長期間の利用を考えていない、途中で料金プランを変更する可能性があるなどの場合はこちらの方が便利と言えます。

さらに、WiMAXを契約しても使用頻度はそれほど高くないという方はパケット使用量に応じて通信料が362円から4,743円まで変動するヤマダステップというプランが便利です。 1日限定でWiMAXを利用することができるヤマダ1DAYというプランもあり、こちらは24時間利用可能で料金は572円となっています。 普段はWiMAXを利用することがなく、出張や旅行中などの特別な場合のみ利用したいという方はこちらのプランが最適で、とても便利な存在となっています。 このように、豊富なプランで自分に最適なプランを探すことができるというのがヤマダ電機のWiMAXの特徴となります。

この他にもモバイル端末、ルーターの価格が年間パスポートの契約なら1円になるというキャンペーンもあります。 こちらは期間限定となっていますので事前に必ず確認しておきましょう。

また、WiMAXを契約した場合、一般的には通常のメールアドレスを取得することはできず、この点は不便な点と言えるのですがヤマダ電機のWiMAXならヤマダメールを1つ無料で取得することができます。 メールもよく利用する、という方には嬉しいサービスです。

ヤマダ電機は家電量販店としても有名でその評判も高いのですが、提供しているWiMAXサービスもおおむね一般的です。 何か困った事があればヤマダ電機に問い合わせをすればスタッフが対応してくれますし、日本全国に店舗がありますから気軽に利用できるというのも嬉しい点です。

※2017年6月1日調査

このページの先頭へ