WiMAX2が自宅で使えるか、心配なら機器の貸し出しが可能です

WiMAX2の利用を考えるにあたって、1つ注意しなければいけないことがあります。それは自分がWiMAX2を利用しようと考えている場所、たとえば自宅がWiMAX2の使用可能エリアになっているかどうかという点です。

WiMAX2に申し込んでいざ利用しようとしたら使用不可能エリアだった、なんてことになっては大変です。そこで便利なサービスがWiMAX2が実際に利用できるかどうかを確かめることができるレンタルサービスです。このサービスを利用して事前にWiMAX2が利用可能かどうかを調べておけば後で面倒な思いをすることもありません。

では、このWiMAX2の貸し出しサービスはどこで利用することができるのでしょうか。

WiMAX2を提供しているプロバイダーではWiMAX2の本家、UQWiMAXがレンタルサービスを行っています。無料のサービスで「Try WiMAX」といいます。レンタル可能期間は15日間で、UQWiMAXのホームページ上から申し込むことでデータ端末機器が郵送されてきますのでそれを使用して実際に試してみましょう。レンタル可能期間の15日というのは、自宅などに端末機器が届いてから15日ではなく端末機器が発送され、こちらから返送するまでの期間となっていますので注意してください。

このレンタルサービスを利用するためには登録料や通信料といった費用がかかることはありませんが、本人名義のクレジットカードが必要になります。クレジットカードを持っていない場合はレンタルできませんので注意しましょう。

この他にも、ヤマダ電機、ビックカメラ、エディオン、ノジマといった大手家電量販店>でも同様にWiMAXのレンタルサービスを利用することができるようになっています。もちろんこちらも費用は一切かかりません。ただし、こちらもサービスを利用するためにはクレジットカードが必要です。現状では、クレジットカードを持っていない人はレンタルサービスを利用することはできないと考えてください。WiMAXを申し込む際にはクレジットカードが必要になるプロバイダーは多いので、この機会に作ってしまうというのもよいかもしれません。

ヤマダ電機、ビックカメラ、ヨドバシといった家電量販店ではWiMAXの貸し出しサービスは終了しています。

契約してから自宅がエリア外でした、なんて場合もあるから微妙な地域の場合は確実にチェックを!エリア外だからといって解約すれば解約金が取られてしまうので注意してほしい!最新情報では家電量販店での貸し出しサービスは終了しているので、本家UQのTry WiMAXサービスを利用されたい。

当サイトの電波エリアに関する記事も参考にしてほしい。
※2015年10月1日情報

このページの先頭へ

アリー