WiMAX2のルーター、接続端末

ここではWiMAX2+で使えるルーター(ネットワーク接続端末)について記載していきます。次の端末が出ています。

  • WX01 NECプラットフォームズ製(2015年3月)
  • W01 ファーウェイジャパン製
  • NAD11 NECアクセステクニカ製
  • HWD15 ファーウェイジャパン製
  • HWD14 ファーウェイジャパン製

という商品が出ています、今後も各メーカーが発売していくと予想されます。

この中で下り220Mbpsに対応しているのはWX01とW01ですので、今買うならWX01かW01でよいと思います。製品の信頼感があるのはNEC製だと思います。

下り220Mbpsには対応していませんがNAD11は私も使ってる端末で安定しています。ただしNAD11はLTE(月額1005円)が使えませんのでLTE無しでOKという方におすすめ。HWD15と14はもはや古いので買う必要性は無いと思います。

2015年3月1日調査

 

WiMAX2端末・ルーター一覧

こちらにルーターの一覧を載せていく予定です。おすすめを参考にしてください。

ルーター 概要
Speed WiFi NEXT WX01
2015年3月発売開始、NECプラットフォームズ社製のWiMAX2+端末です。ギガ速の下り220Mbps対応端末ですね。さらにWiMAX2+のみならずハイパワーWiMAXにも対応しているのでWiMAX2エリア外でも通信が安定します。今買うならこの端末以外にはありえないかな。
Speed WiFi NEXT W01
2015年1月30日発売、ファーウェイ・ジャパン製のWiMAX2+機器の第3段です。2015年春からスタートするWiMAX2+の下り220Mbpsに対応した端末です。また75MbpsのLTEにも対応しています。無線LANの5GHz対応(IEEE802.11ac)ですね。
Wi-Fi WALKER NAD11
こちらは2014年6月20日に発売したWiMAX2端末の第2弾です。メーカーはNECですね。HWD14との大きな違いはWiMAX2の3つのモードのうちの1つLTEが使えないという点です。

有料のLTEモードは使わないというかたはコチラがおすすめ。WiMAXハイパワー対応。端末価格も基本的に0円のプロバイダが多いです。タッチパネル液晶が無いシンプルなデザインで薄く持ち運びしやすいです。
Wi-Fi WALKER HWD15
2014年8月1日発売のWiMAX2端末の第3弾です。HWD14の後継機となります。通信モードはWiMAX2、LTE、WiMAXがつながります。HWD14からの違いは電波の受信感度がパワーアップした点です(WiMAXハイパワー対応)。タッチパネル操作はHWD14と変わりません。端末価格は0円か1円なので、今後契約する方はHWD14を選択する必要はないですね。
Wi-Fi WALKER HWD14
HWD14
こちらがWi-Fi WALKER HWD14です。中国で作ってKDDIの沖縄セルラーが販売元になっていますね。本体、ACアダプタ、電源ケーブル、USIMカードが入っていました。タッチパネル操作が出来るのでスマホに慣れてる方も慣れてない方も問題なく使えます。

個人的な不満はすぐ省エネモードに入って画面が暗くなることですかね。ファームウェアアップデートでもろもろ改善しました。

HWD14の詳細なレビューはこちら

このページの先頭へ