WiMAX2の端末Wi-Fi WALKER HWD14はどんな感じか

Wi-Fi WALKER HWD14の大きさですがiPhoneより一回り小さい感じですね。厚みはiPhoneと同じぐらいです。画面をタッチパネル式で操作することができます。USBケーブルがついていてパソコンと接続してもいいし、無線LANでパソコンと接続してもいいです。

初回版は不親切でした

まず、取説が簡易版しか箱には同梱されていません。詳細はWEBからPDFの取扱説明書をダウンロードしないと見れませんでした。取説も説明が不親切になっているのでこういった機器に不慣れな方はストレスだと思います。

とくにHWD14をPCとUSB接続でネットを使いたいときにwi-fi walker wimax2 setting toolというツールをPCにインストールしなければいけないのですが、これはHWD14をPCにUSB接続してからマイコンピュータを開いて、画面上に見えているHWDをダブルクリックして自動インストールをしないといけません。こうするとツールがPCにインストールされ、無線LANで接続するのでなくUSBでHWD14と接続できてネットができるようになります。

それからLTEモードについてなのですが、HWD14のディスプレイ上で現時点で7GB上限中のいくら利用したか、というのが画面上で見れますが、画面上の数値は実際の数値よりも少なく表示されるので正確ではありません。思わず使いすぎてしまうケースがありそうですので、注意してください。

それと、駄目ポイントとしてはディスプレイが15秒で暗くなってしまう点だったんですけど、こちらはアップデートをしたら直ったような気がします。。ディスプレイが真っ黒になるのでいまの通信状況とかをパッと見れません。右側面にボタンがついていてそれをプッシュするとライトが着くようになっています。今のところWiMAX2のエリアが狭いのでその電波をちゃんとキャッチしてるのか、してないのか画面を見たいのですがその都度ボタンを押さないといけないのが面倒だったんです。今はちゃんと2分間はバックライトが点灯しています。

HWD14のよかった点

持ち運びにかんする電池はけっこう長持ちだと思います。朝充電して外出中に持ち歩いて帰宅して8時間はもっていました。(もっと持つと思う)なので、完全モバイラーにとって嬉しい電池パワーかと思います。

しばしばファームウェアのアップデートを行っているようで、不便な点は改善してきています。以前よりも接続がスムーズになっています。

このページの先頭へ