WiMAX2+はプランによってダウンロード容量制限あり

WiMAX2+は2013年10月からスタートしたWiMAXよりもさらに進化したサービスですが、通信速度は220Mbpsと高速です。そして気になるダウンロード容量制限ですが、プランによって1ヶ月7GBの容量制限があります。「UQフラットツープラスギガ放題」プランはいくらでもダウンロード可能。「UQフラットツープラス」プランは1ヶ月7GBまでです。

WiMAXはダウンロード容量制限ナシ!

wimaxは外出先でもパソコンで高速通信が実現する優れものであり、思ったより時間がかかるスマホアプリのダウンロードなどもサクサク進みますし、スマホでWebサイトをストレスなく見る事ができます。

超高速通信が魅力のwimaxですが、気になるのが容量制限です。モバイルインターネットは色々ありますが、wimaxは容量制限なしで好きな時に好きなだけ利用する事ができるというのが魅力のひとつです。つまり大容量のデータのダウンロードも遠慮なくできるという事です。

例えば同じモバイル通信規格である、LTEにはデータ通信の容量制限があり、1日や1か月の利用できるデータ通信容量には上限があります。仮に上限を超えてしまった場合、通信はできますが速度がガクッと落ちてしまうというデメリットがあるのです。この上限は各通信会社で違いがありますが、7GBが一般的と考えていいでしょう。追加料金を払う事で再度通常の速度での利用ができますが、各社とも2GB増えるごとに2625円支払う事が必要になっています。LTEは通信速度はwimaxより速いのですが、大容量の通信を繰り返す人であればwimaxがおススメです。

wimaxは容量制限なし、そして通信速度制限もないので、普段からスマホでLINEを常時利用していたり、アプリをダウンロードしたり、データ通信容量の大きい動画を楽しんだり、PC向けのWebサイトを閲覧したりするヘビーユーザー、そして1本化して通信費を抑えたいという人であれば、wimaxはなくてはならないものになるでしょう。私もそうですが、自宅の固定回線を解約してwimaxに乗り換えている人も少なくないようです。

ただし、まだまだ対象エリアが狭いのが難点で、田舎の人ほど利用したい所ですが、思うほど田舎では普及していないのが現状のようです。また、屋内や地下なども首都圏では繋がるようですが、殆どの地域で繋がりにくいようです。しかし、順次拡大中ですから利用できない地域の人は今後に期待という感じですね。

このページの先頭へ

アリー