自分の利用方法に併せてメリット・デメリットを勘案、WiMAXの契約を!

wimaxは高速で大容量のモバイル通信を可能にするブロードバンドです。モバイル通信とはいえ、自宅のパソコンに繋げても快適に利用できるため、例えば引越しなどを機に固定回線を解約してwimaxに切り替えしている人も続々と増えているようです。そんなwimaxのメリットとデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。まずはメリットを挙げてみましょう。

メリット

wimaxは無線の通信方式ですから、自宅のパソコンに繋げる場合でも配線工事は必要ありません。回線速度は下り最大40Mbps、上り最大15.4Mbpsです。さすがに光回線には及びませんが、Webページを見たり、動画の閲覧も問題なくできます。(WiMAX2+では下り220Mbpsを実現し光よりも早くなりました)使ってみるとわかると思いますが、ワイヤレスとしては想像以上に速いです。また、利用制限がないというのもwimax大きなメリットであり、好きな時間に好きなだけインターネットを楽しむ事ができます。

wimaxは月額料金が安いというのも大きなメリットのひとつです。もちろん通信会社により料金プランは異なりますが、年間契約なら月額平均3800円程で利用できます。光回線なら5000円以上はすると思いますから、乗り換える人の気持ちもわかります。

それからスマホで利用する場合にスマホの3G回線よりも早いのでスマホでのネット閲覧や動画再生もかなり早くスムーズになりますね。

では気になるwimaxのデメリットは何でしょうか。

デメリット

一番のデメリットは使えないエリアがまだまだ多いという所です。都市部では9割以上のエリアで利用可能ですが、ちょっと離れた田舎はまだまだカバーしきれていないのが現状です。また、都市部だからと安心していても場所によっては繋がらなかったり、速度が安定しないなどもあります。特にマンションなどの建物の中や地下などはwimaxはあまり得意としていないので、繋がらない事も考えられます。もう一つのデメリットは光に比べるとやはり速度は落ちてしまうという事です。WiMAX2+で光以上のスピードが出るようになりましたが、ダウンロード容量制限が出るケースもあるので、プロバイダ情報をチェックしたほうが良いです。

それから基本的にはWiMAXの年契約は2年しばりのルールがあり、月額料金が安くなる代わりに2年以内に解約した場合は解約金がかかってしまいます。これは事前にチェックしておくほうが良いです。プロバイダによって金額が違います。おすすめプロバイダ情報もご確認ください。

このページの先頭へ