WiMAXとイーモバイルを比較

高速で大容量のモバイル通信サービスがWiMAXですが、モバイル通信サービスはWiMAX以外にもいろいろあります。代表的なものにイーモバイルがありますが、WiMAXとどのように違うのか比較してみました。

イーモバイルは通信速度は速く、都市部を中心に通信エリアもある程度広いですし、ユーザーの数も多いです。一方のWiMAXは高速で大容量の通信が可能であり、価格も低めなので魅力的なモバイルブロードバンドです。ただし、受信エリアが狭いのが難点で順次拡大している所です。

WiMAX イーモバイル
料金 約 \3,800 定額制あり
1年縛りのプロバイダもある
約 \3,800 定額制あり
2年縛り
通信速度(下り) WiMAX : 40Mbps
WiMAX2+ : 220Mbps
3G : 21Mbps
LTE : 75Mbps
4G : 110Mbps
データ通信容量制限 プランによって無し 1ヶ月10GB
エリア 順次拡大中 順次拡大中

■イーモバイルとWiMAXの料金の違い
どちらも定額プランであり、価格設定も両者殆ど違いがありませんが、イーモバイルは2年縛りで、wimaxは2年縛りもありますが、大手業者プロバイダには1年縛りのところもあります。縛りの期間が短いWiMAXに軍配が上がります。

■通信速度の違い
イーモバイルは3G、4G、LTEとデータサービスに種類があり、通信速度はそれぞれ下り最大21Mbps、110Mbps、75Mbpsとなっていますが、それに対しWiMAXは40Mbps、WiMAX2+は220Mbpsとなっています。(今後ますますスピードアップの予定)

■データ通信容量制限
イーモバイルには1日366MB、1か月10GBの制限があり、超えてしまうと通信速度はガクンと落ちてしまいます。一方のWiMAXには利用制限はありませんから、好きな時に好きなだけ利用する事ができます。(WiMAX2+はギガ放題プランだと容量制限無し)

■受信エリア
イーモバイルのほうが範囲が広いですが、高速のLTEの範囲は意外に狭く、LTEが繋がらなければ3G回線を利用するため、思った以上の速度は出ないというのが実際のところのようです。wimaxはエリア内であればどこでも安定した40Mbpsになります。イーモバイルは室内でも比較的に安定して繋がりますが、wimaxは室内に弱いという難点がありますが、都心の地下鉄はほぼエリア内となっています。

 

自分の田舎の実家で試したらWiMAXは使えたけどE-mobileは使えなかった。なので、田舎だからE-mobileが強いといったことは無いと思う。自分が使うかもしれないエリアは事前にチェックしておくほうが良いと思うぞ!都市部で使うとしたらWiMAXに一票を入れたいところだ。

このページの先頭へ