WiMAXとNTT西日本フレッツ光の比較

■WiMAX
次世代ワイヤレスブロードバンドと言われているのがWiMAXです。WiMAXは家でも外でも利用できるので、一本化を検討している人も多くいます。高速で大容量の通信が可能ですから、外でもストレスなく利用できるのがWiMAXの魅力です。

■NTT西日本フレッツ光
光ファイバー回線による有線の通信サービスです。有線なので開設には工事が必要になりますが、無線とは違い安定した通信が可能です。また、オプションで光ポータブルLTEを利用する事ができ、専用ルーターをレンタルする事で、家の中では無線ルーターとして、そして外ではモバイルデータ通信サービスとして利用する事ができます。光ポータブルLTEの通信速度は下り最大100Mbpsと超高速ですから、外出先でもサクサクとインターネットを利用する事ができます。(ただし、光ポータブルLTEを利用する場合は、別途モバイルデータ通信事業者との契約が必要)

料金を比較してみると、NTT西日本フレッツ光の料金は月額5000円超であり、WiMAXは4000円前後、いずれも定額となっています。通信費を安く抑えたいならWiMAXです。

WiMAXは回線工事も配線も不要です。従って、どこででも利用する事ができますが、それは受信エリアに入っていればの話です。エリアは順次拡大中であり、主要都市では問題なく使えますが(人口カバー率99%)、田舎は人口カバー率90%とまだまだです。また、WiMAX建物の中や地下などを苦手としているので、室内ではルーターを窓際に置くなどの対策が必要な場合もあります。

このようにWiMAXとNTT西日本フレッツ光を比較してきましたが、どちらが良いという事は一概には言えません。外出先や移動中によくインターネットを使う人ならWiMAXを、家でインターネットを利用する事が多く、安定感のある通信を求めているのならNTT西日本フレッツ光をおススメします。また、通信費を安く抑えたい人はWiMAXが良いですが、契約を決めり前に自分の行動範囲がWiMAXのエリア内にあるのか、きちんと繋がるかを一度お試しで調べてみると良いでしょう。

WiMAX NTT光
料金 \4000前後(プランで異なる) \5,000円超
2年縛り
通信速度(下り) WiMAX : 40Mbps
WiMAX2+ : 220Mbps
200Mbps
こんな人にお勧め 外出先で快適にネットを使いたい人 自宅でしかネットをしない人

 

単身者で都市部住まいなら断然WiMAXをお勧めしたい。WiMAX2+の110Mbps高速通信が使えるエリアならなおさら光を使う必要は無いと感じるはずだ。ファミリーで生活してるなら勿論、光回線を家に引き込んで使わないとだな。

このページの先頭へ